朝と夜のスキンケア時間

朝のスキンケア時間は数分で終わります

朝のスキンケア時間は数分で終わります。皮脂を取り過ぎてしまうと乾燥が進んでしまうので、朝の洗顔は水だけです。
お湯も皮脂を取ってしまって乾燥を進めるので、水にします。化粧水、ベースクリームなどを塗って終了です。
このあとにメイクをします。
夜のスキンケアは、クレンジングを丁寧にしっかりしています。オイルクレンジングやジェルクレンジングは皮脂を取り過ぎてしまうので、ミルククレンジングやクリームクレンジングでマッサージするようにメイクを落とします。その後のダブル洗顔はほとんどしません。お風呂から出た後は化粧水、クリームなどで保湿します。最後に皮膚を保護するムースを塗って、寝ます。全部で15分〜20分くらいでしょうか。
皮脂を取り過ぎるようにしなければ、ある程度保湿効果が続き、特別な化粧水やクリームを塗らなくてもきれいな肌を保つ事ができます。さらに皮膚保護のムースが外的刺激から守ってくれるので、さらに潤った肌にしてくれます。

スキンケアでのお手入れは

スキンケアでのお手入れは、朝に集中してする人と夜にしっかりとお手入れをする人の、朝派と夜派に分かれるようです。
夜だと時間の融通も利いて効果的なスキンケアも出来ます。それに比べると朝の時間帯といったら誰もが忙しい中でスキンケアになってしまい、ついつい手抜きなお手入れになってしまいます。
そんな忙しい朝だからこそ、効率の良い方法でスキンケアをしていきたいです。
それにはそれなりの時間を作らなければいけなくなってしまいます。朝だから忙しい、朝だから面倒臭いなどと言っていたら、簡単にお肌は荒れてしまい後悔をするだけです。

女性にとっての美肌作りとは努力の結晶とも思います。だからこそ忙しい中での時間を作り出して、その日の夜に繋がるような丁寧なスキンケアが必要なのです。
軽く顔を洗いお手入れしたから今日はもういいと思わずに、お肌をケアしてこそ一日が始まるのだと考えるようにすることも大事です。

注目情報

Copyright 2016 朝と夜のスキンケア時間 All Rights Reserved.